学校公開・ふたば祭

 学校公開・ふたば祭では、児童生徒が図工や美術の授業で作った作品を校内に展示しています。立体作品では、陶芸粘土で作ったお皿や箸置き、ランプシェード等、また、平面作品では墨絵、はり絵、ちぎり絵等が展示されています。それぞれの思いが詰まった、たくさんの作品が毎年並びます。

            
 

作品コンクール出品

 1年を通して様々な作品の募集が届きます。児童生徒の実態に応じて、図工や美術の授業、夏休みの宿題として、テーマに沿った思い思いの作品を児童生徒が作り、出品をしています。