教育方針

令和元年度 群馬県立二葉特別支援学校の教育

1 教育目標 「一人一人の子どもの自立と社会参加を目指して」
   児童生徒が生涯にわたり成長発達を続けていく基礎を養い、社会を形成する一員として、心豊 かにたくましく生き抜く力の育成を図る。
  (1)理想とする子ども像
     ・社会の中で生活する子ども
     ・より豊かに生きようとする子ども
  (2)教育の基本的な方向性
     人として生きる力の基盤の上に生活の豊かさを培っていく
     ・人として生きる力の基盤を養うこと = 自立活動の目指すところ
    ・より豊かな生活を可能とする力を養うこと = 教科・領域の目指すところ
  (3)すべての子どもたちに育てたい力
     4つの力を中心に、個別の指導計画における長期目標を定めるものとする。
    ・いろいろな人との係わりの中で安定して生活する力
     ・自己選択・自己決定できる力
     ・生きがいを見出す力
     ・自分の身体について知り、持てる能力を最大限に生かす力
    
2 教育方針
  (1)児童生徒の障害の実態に即した教育を推進する。
  (2)自立活動指導を充実し、児童生徒個々の障害の状態の改善及び障害を克服する態度の育成に努める。
  (3)自立活動で育む力を土台として教科指導を計画的に行い、生活の質の向上を図る。
  (4)キャリア教育を全校で取り組み、長期的な一貫した指導を行う。
  (5)最新の情報技術を活用した指導の充実を図る。
  (6)教師と保護者、地域社会、福祉関係機関、医療機関、寄宿舎との協力体制を強化する。
                                                                               
3 今年度の重点
  (1)新しい教育課程に基づいた学習活動及び支援の充実
 (2)一人一人の教育的ニーズに応えるため、個別の指導計画に基づき、目標及び授業相互の関連
   性を明確化した指導の展開
 (3)キャリア教育の考え方の共通理解
 (4)各種研究授業・校長参観授業等を活用した授業研究の充実と授業の質的向上
 (5)ヒヤリハット・アクシデント事例を生かした安心・安全な教育活動の実現
 (6)特別支援教育のセンター的機能の充実
  (7)学校間交流及び共同学習、居住地校交流の一層の推進
  (8)スクールバス5路線の安定した運行の実施

4 特色ある取組
 (1)個に応じた給食の提供と摂食指導の充実
  (2)群馬整肢療護園と連携したより安全な医療的ケアの実施
  (3)社会に開かれた学校として地域への情報発信及びボランティアの活用
  (4)在宅や施設等の訪問教育の充実
  (5)個別救急マニュアルの作成と各種訓練の実施